1. 不動産買取.comトップページ
  2. 不動産買取コラム
  3. 不動産の売却はどうすればいい?手続き方法を知っておくと安心

不動産の売却はどうすればいい?手続き方法を知っておくと安心

2021/5/31

不動産の売却をしようと思っても、どんな手順で行えば良いのか、必要な手続きは何なのか、知らない人がほとんどでしょう。
不動産のことだから不動産を扱う業者に相談するというのは正しい選択ですが、事前にある程度流れや手続きについて知識を持っておくと安心です。
ここでは、不動産を売却する際に必要となる手続きと売却の流れについて紹介します。

売却金額を決める

一般的に土地を売却する場合には、まずはじめに不動産会社に査定してもらって売り出し価格を決め、その後に媒介契約を結んで買い手を探してもらうというのが一般的です。

もっとも、この方法の場合には、いつ買い手が見つかるか分からず、場合によっては1年以上も売却が決まらない可能性があります。また、買い手から値下げ交渉を持ちかけられて、当初想定していたのよりも安い金額で土地を手放さざるを得なくなってしまうかもしれません。

このように、媒介による土地の売却にはいくつかの不確定要素があるため、もしそれを避けたい場合には他の方法を検討する必要があります。そういった場合に使い勝手が良いのが、不動産買取と呼ばれる売却方法なのです。

査定金額を参考にする

この不動産買取というのは、文字通り、不動産会社が直接土地などの不動産を買い取ってくれるというサービスです。

不動産会社が買い手となるため、時間をかけて売却活動を行う必要がありません。また、価格も提示された査定金額を基にして決まるため、相場と大きく乖離した金額で売却を強いられるおそれはありません。
そのため、なるべく急いで土地を売却したいというニーズがあるような方にとっては、不動産買取は非常に使い勝手の良い手段であるということができるでしょう。

仲介してもらう不動産業者を決める

不動産買取を利用する場合には、まずはそのサービスを行っている不動産会社を見つける必要があります。

会社によっては媒介による売却しか行っていないところもありますので、すべての不動産会社が買取を行っているわけではないという点を頭に入れておくようにしましょう。

候補となる不動産会社が見つかれば、まず土地の査定を申し込む必要があります。
土地の査定方法には、近隣の土地の取引価格を参考にして査定金額を算出する取引事例比較法に加えて、原価法や収益還元法といった様々な方法があり、不動産会社はこれらの手法を駆使するとともに、自らの長年の経験やノウハウを活かして土地の査定金額をはじき出すのです。
提示された査定金額が納得のいくものである場合には、不動産買取に向けた契約を締結することになります。

仲介契約には種類がある

不動産買取には、即時買取と買取保証の2つがあります。

このうち、即時買取というのは、文字通り、不動産会社が即座に土地を買い取ってくれるというもので、特に急いで土地を売りたい場合に有用なものです。

一方、買取保証というのは、一定期間は媒介によって土地の買い手を探したうえで、その期間内に見つからない場合には、あらかじめ約束してある金額で不動産会社が買い取ってくれるというものです。

即時買取に比べると売却までに時間はかかるものの、うまくいけば不動産買取を利用して売却するよりも高い金額で土地を処分できる可能性があるというのが、この方法のメリットです。時間と売却金額のどちらを優先するかによって、2つの方法を使い分けるようにするとよいでしょう。

売買契約を結ぶ

土地は高い価値を持った資産だけに、不動産買取を利用して売却する場合には、なるべく信頼できる不動産会社に依頼すべきです。

もっとも、世の中には数多くの不動産会社が存在しているため、どこに依頼すればよいのか分からないというケースも少なくないでしょう。
そういった場合には、例えば不動産買取の元祖である不動産買取ドットコムのような会社に依頼するのがおすすめです。

そういった会社であれば、長年の経験に基づいて、査定から買取までスピーディーに対応してもらえ、安心して取引できるはずだからです。

物件を引き渡す

以上で見てきたように、急いで売却したい土地がある場合には、不動産買取は非常に使い勝手の良いサービスです。
このサービスを利用する際には、数ある不動産会社の中でも買取の元祖とされている不動産買取ドットコムに、まずは査定を依頼してみるとよいでしょう。

不動産売却に関わる知識を持とう

不動産の売却には、専門的な知識が必要です。不動産業者に要望を伝え、一任すればある程度希望通りに進むかも知れませんが、条件交渉や売却金額など、人任せにできない部分もあります。後々のトラブルを防ぐためにも、不動産売却に関わる知識を持つことは強みになるでしょう。